トム・エバハート (トム・エバハート)

作家についての紹介/履歴

1953年アメリカワシントンD.C.に生まれる。
1970年エール芸術大学で博士号を取得し卒業する。
1979年アンティオキア大学でペインティングを教える。
1980年風景画家として成功する。
1982年スヌーピーの生みの親であるチャールズ・シュルツ氏と広告のプロジェクトをきっかけに出会う。
1990年ルーブル美術館やアメリカ、ヨーロッパ諸国、日本各地で個展を開催する。
2000年チャールズ・シュルツ氏が亡くなる。トム・エバハートは悲しみのあまり色彩豊かな作品を描けなくなってしまう。その後、タヒチに訪れ、明るい自然に触れ合ううちに、本来の作風を取り戻す。
pagetop