ティン・シャオカン(丁紹光) (ティン・シャオカン)

作家についての紹介/履歴

1939年中国陝西省に生まれる。
1962年北京中央工芸美術学院を首席で卒業する。
1979年北京人民大会堂の大壁画「麗しき神秘のシーサンパンナ」を中国政府より委託されて制作する。
1980年アメリカへ移住する。
1983年アメリカの絵画展で金賞を受賞する。
1984年カリフォルニア大学ロサンゼルス校で教授を務める。
1993年国連公認アーティストに任命される。
1998年上海オペラ座に大壁画「芸術の女神」が永久所蔵される。
1999年中国初の万博である昆明世界花の博覧会のテーマ作品「人と自然」を手掛ける。
2000年ユニセフ・国際連合児童基金への貢献が開始される。
2001年「魂の画家~丁紹光・美の世界」というドキュメンタリーを完成させる。
pagetop