ジャンル別買取実績

ジャンル別の買取実績をご紹介します。
お手持ちの作品がどのジャンルかご不明の場合でもお気軽にご相談くださいませ。

日本画 買取

日本画の買取実績

日本画の買取実績を紹介します。日本画というと、墨で書かれた作品や細い線で描かれた人物画などを想像する方は多いと思いますが、そういった作品だけでなく、日本の伝統的な絵画を総称して日本画といいます。日本画と呼ばれるまでは、円山・四条派、狩野派、やまと絵などと各流派に分かれていました。

主な買取作家
西洋画 買取

西洋画の買取実績

西洋画の買取実績を紹介します。西洋画とは、西洋様式で描かれた油彩画・水彩画などのことです。外国人の作家だけではなく日本人の作家も洋画家として活躍しています。対象物を描く日本画とは違い、洋画は現実をありのままを描く写実主義が多く洋紙やキャンパスを用いて枠内全体に描く作品が多いです。

主な買取作家
現代アート 買取

現代アートの買取実績

現代アートの買取実績を紹介します。現代アートとは、現代社会の情勢や問題を反映し、社会への批判性を感じさせる作品や従来の芸術や美術といった作品概念のとらわれない作品のことを言います。生活の中で目にするオブジェも芸術品で世界的にも現代アートとして浸透しており、幅広く評価されています。

主な買取作家
インテリアアート 買取

インテリアアートの買取実績

インテリアアートの買取実績を紹介します。インテリアアートは、歴史的な伝統の中に、自然と共に生きていこうとする素朴な人間の魂を感じさせる作品が多く、自然の美しさや動物の命などをわかりやすく表現しており、アートを気軽に楽しんでいただくための入り口として一般的な家庭に飾られています。

主な買取作家
陶芸 買取

陶芸の買取実績

陶芸の買取実績を紹介します。陶芸は、古くから日本全国で生産が行われており、日用品や観賞用として作られました。陶器の全盛期は室町時代の後半から安土桃山時代です。茶道が流行していた頃に陶芸作品が数多く出回りました。陶芸は、日本独自の技術だけではなく、中国の技術も使われています。

主な買取作家
文人 買取

文人の買取実績

文人の買取実績を紹介します。文人とは、文房の人つまり書斎にいる人という意味で中国では普通に使われてきました。作品の種類として掛軸・書・絵画などがあります。書は、文人にとってもっとも身近な芸です。文人の職務であり天分でした。初めは、書芸として書かれていた作品で、次第に実用的な観点から書が書かれるようになりました。

主な買取作家
中国美術 買取

中国美術の買取実績

中国美術の買取実績を紹介します。中国で制作された作品を中国美術といいます。中国美術は、独特の表現で世界的にも高く評価され制作時期の古い作品が多いです。有名な作品は未だに現存しており、中国の富裕層の人々に人気が出てきています。1911年以前の文物(骨董品)は国外持ち出し禁止となりましたので、持ち出し禁止以前の中国美術は高く査定されることがあります。

主な買取作家
骨董品 買取

骨董品の買取実績

骨董品の買取実績を紹介します。アメリカでは通商関税法によって、製造から100年を経過した手工芸品・工芸品・美術品を「骨董品(antique、アンティーク)」と定義されています。骨董品には、茶道具・掛け軸・陶磁器・象牙・絵画など様々な種類があり、日常生活に使われていたものが多いです。実用性がなくなったものでも観賞用として作品になる場合もあります。

主な買取作家
西洋アンティーク 買取

西洋アンティークの買取実績

西洋アンティークの買取実績を紹介します。西洋アンティークとは、製造から100年以上の古い作品でヨーロッパの骨董品のことを指します。加えて、ヨーロッパから日本に輸入された工芸品や家具などが西洋アンティークと呼ばれることが多いです。日本の工芸品は、骨董品と部類されます。西洋アンティークは、機能面を重視した独特の作品が多く、現代の製品には見られない雰囲気があります。

主な買取作家