骨董品の買取実績

骨董品の買取実績についてご紹介します。

骨董品の買取で総合美術買取センターが選ばれる
6つの理由

1.多種多様な美術品の買取実績

あらゆるジャンルの絵画をはじめ、日本画、洋画、現代アート、版画、ファインアート、アンティーク、中国美術、骨董品など幅広い美術品の買取実績がございます。

2.ジャンル別の専門鑑定人が在籍

各分野で20年以上の経験を持つ業界トップの鑑定士が在籍しております。専門的な見地からお客様の美術品を査定し、少しでも高く買い取らさせて頂きます。

3.安心のクーリングオフ制度

クーリングオフ制度を導入しております。万が一、ご契約内容にご納得いただけない場合は、契約日から8日以内に無条件でキャンセルをお受けいたします。

4.日本全国対応可能

査定と買取は日本全国対応しております。遠方にお住いの方も、電話やメール、LINE査定、WEBフォームからお問い合わせください。出張費無料で訪問可能です。宅配買取も送料無料で対応。

5.無料査定、無料相談対応

お電話やメールによるご相談、LINE査定やWebフォームからの査定、全て無料でご対応いたします。お気軽にご相談ください。

6.査定額の保証

ご提示した査定価格にて必ず買取いたします。作品を引き渡した後に、理由をつけて査定額を下げることはございません。また、送料や査定料、出張費用などお客様へ費用をご請求することも一切ございません。ご安心してご相談ください。

骨董品について

骨董品とは

骨董品のイメージとして、「古くて価値があるもの」という印象をもっている方も多いのではないでしょうか。アメリカでは通商関税法によって、製造から100年を経過した手工芸品・工芸品・美術品を「骨董品(antique、アンティーク)」と定義されています。

しかし、日本にはしっかりとした骨董品の定義はありません。ですので、日本では数十年前に作られたものも骨董品と呼ばれています。

骨董品は、日常生活に使われていたものが多いです。実用性がなくなったものでも観賞用として作品になる場合もあります。

骨董品の種類

骨董品には、茶道具・掛け軸・陶磁器・象牙・絵画など様々な種類があります。茶道具:日本の伝統的な文化の1つで平安時代頃に戦果を上げた者に褒美として与えられていました。(茶器・茶碗などがあります。)

掛け軸:中国から伝来し鎌倉時代から飾られています。書や絵画を掛けて観賞するようにできたものです。
(掛け軸の中にも種類があり、日本画・中国掛軸・仏画・水墨画・花鳥画・美人画などがあります。)

陶磁器:古いお皿や器が多く作品の形、色、柄などに日本らしい美しさと侘び寂びを感じさせます。(九谷焼・備前焼・信楽焼などがあります。)

象牙:象の上顎門歯が長く伸びたものです。色は真っ白ではなく、少しくすんだベージュのような色です。

骨董品の査定ポイント

骨董品に定価はありません。取扱業者間で相場価格はありますが、時代や流行によって相場の変動はございます。作者や年代や希少性に加え、作品の状態によって査定価格は変わってきます。

高く売るためには、保存状態をよくすることが重要です。骨董品は、湿気が多いところで保管しておくとカビが発生してしまう可能性があります。カビを防ぐためには、1年に数回空気に触れさせ、カビの発生を抑えることが重要です。

作品が作家物かどうかを調べるには、作品の入っている共箱や作品の裏側などに作家の名前の刻印がみられれば作家物となります。作家物だからといって高額というわけではありませんが査定のポイントとなります。

骨董品の価値は個人で調べることもできますが、インターネットや関連書籍は情報量が多いため情報の正確さを見極めるのは難しいです。希少性の高い作品ほど価値を調べるのは困難になります。

骨董品買取作家

板谷波山・北大路魯山人・酒井田柿右衛門などの作品を買取強化しております。

骨董品の価値を個人で調べるには限界があるので、我々専門家にご相談ください。骨董品を売ったことがない方やどのような作品かわからない方は是非、弊社にご相談や査定をご依頼ください。

買取強化作家

骨董品の買取実績について

御木本幸吉像
北村西望御木本幸吉像2019.10.14

ジャンル別買取実績

pagetop