中国美術の買取実績

中国美術の買取実績についてご紹介します。

中国美術の買取で総合美術買取センターが選ばれる
6つの理由

1.多種多様な美術品の買取実績

あらゆるジャンルの絵画をはじめ、日本画、洋画、現代アート、版画、ファインアート、アンティーク、中国美術、骨董品など幅広い美術品の買取実績がございます。

2.ジャンル別の専門鑑定人が在籍

各分野で20年以上の経験を持つ業界トップの鑑定士が在籍しております。専門的な見地からお客様の美術品を査定し、少しでも高く買い取らさせて頂きます。

3.安心のクーリングオフ制度

クーリングオフ制度を導入しております。万が一、ご契約内容にご納得いただけない場合は、契約日から8日以内に無条件でキャンセルをお受けいたします。

4.日本全国対応可能

査定と買取は日本全国対応しております。遠方にお住いの方も、電話やメール、LINE査定、WEBフォームからお問い合わせください。出張費無料で訪問可能です。宅配買取も送料無料で対応。

5.無料査定、無料相談対応

お電話やメールによるご相談、LINE査定やWebフォームからの査定、全て無料でご対応いたします。お気軽にご相談ください。

6.査定額の保証

ご提示した査定価格にて必ず買取いたします。作品を引き渡した後に、理由をつけて査定額を下げることはございません。また、送料や査定料、出張費用などお客様へ費用をご請求することも一切ございません。ご安心してご相談ください。

中国美術について

中国美術とは

中国で制作された作品を中国美術といいます。中国美術は、独特の表現で世界的にも高く評価され制作時期の古い作品が多いです。有名な作品は未だに現存しており、中国の富裕層の人々に人気が出てきています。

2007年に中国政府の国家文物局によって、1911年以前の文物(骨董品)は国外持ち出し禁止となりました。ですので、持ち出し禁止以前の中国美術は高く査定されることがあります。

中国美術の特徴

中国美術は、絵画、書、陶磁器など多くの種類があります。絵画は、中国の歴史の変遷と共に特徴も変化しています。中国美術の絵画は大きく3つに分類することができます。人物画・山水画・花鳥画です。人物画が主体でしたが、西暦800年以降は山水画が主流となっていました。

書は、筆と墨を使って文字を書いています。実用の目的で文字が使われておりその後、文化や時代の流れによって変化し、文字が芸術の1つとして評価されるようになりました。中国陶器は、絵画や書よりも歴史が古く芸術品として宋の時代に普及していました。時代によって作品の特色が異なります。

そのほかにも、数多くの種類があり例えば翡翠・珊瑚などがあり、弊社では、幅広く作品の取扱いを行っております。

中国美術の査定ポイント

中国美術は、1点物として価値が付く作品が多く買取相場はありません。持ち出し禁止以前の中国美術は査定のポイントとして見られます。
査定のポイントとして作品の作家者や作家者の知名度によって価格が変わっていき、作品の共箱や作品の由来がわかるものは作品の一部となり査定ポイントが上がる場合もあります。

作品にひびや破損がある場合でも、ご自身で修復したりせずお見せくださいませ。

中国美術の買取強化作家

斉白石・王一亭・石魯などの作品を買取強化しております。

中国美術は贋作も多く出回っており、ご自身で見極めるのは困難になります。
ですので、専門家である私たちにご相談くださいませ。

中国美術を売ったことのない方やどのような作品かわからない方は是非、弊社にご依頼ください。

買取強化作家

中国美術の買取実績について

ジャンル別買取実績

pagetop