文人の買取実績

文人の買取実績についてご紹介します。

文人の買取で総合美術買取センターが選ばれる
6つの理由

1.多種多様な美術品の買取実績

あらゆるジャンルの絵画をはじめ、日本画、洋画、現代アート、版画、ファインアート、アンティーク、中国美術、骨董品など幅広い美術品の買取実績がございます。

2.ジャンル別の専門鑑定人が在籍

各分野で20年以上の経験を持つ業界トップの鑑定士が在籍しております。専門的な見地からお客様の美術品を査定し、少しでも高く買い取らさせて頂きます。

3.安心のクーリングオフ制度

クーリングオフ制度を導入しております。万が一、ご契約内容にご納得いただけない場合は、契約日から8日以内に無条件でキャンセルをお受けいたします。

4.日本全国対応可能

査定と買取は日本全国対応しております。遠方にお住いの方も、電話やメール、LINE査定、WEBフォームからお問い合わせください。出張費無料で訪問可能です。宅配買取も送料無料で対応。

5.無料査定、無料相談対応

お電話やメールによるご相談、LINE査定やWebフォームからの査定、全て無料でご対応いたします。お気軽にご相談ください。

6.査定額の保証

ご提示した査定価格にて必ず買取いたします。作品を引き渡した後に、理由をつけて査定額を下げることはございません。また、送料や査定料、出張費用などお客様へ費用をご請求することも一切ございません。ご安心してご相談ください。

文人について

文人とは

文人とは、文房の人つまり書斎にいる人という意味で中国では普通に使われてきました。中国では書斎を中心に文化が発展してきたため武人つまり軍人との対比的な意味合いで使われていました。その後、中国の長い歴史的変遷によって文人の性格は大きく変化し、必ずしも一様とは言い切れませんが経書経学・史学・漢学などの学問を修め、文章をよくする人が文人の所以でした。

日本の文人は、中国との社会制度の違いから文人の定義が難しく、厳密には存在を否定しかねないです。しかし、江戸時代中期以降に明確に文人意識を持ち始め、文人文化を実現した人も多く存在します。

文人の特徴・種類

作品の種類として掛軸・書・絵画などがあります。書は、文人にとってもっとも身近な芸です。文人の職務であり天分でした。初めは、書芸として書かれていた作品で、次第に実用的な観点から書が書かれるようになりました。

日本の文人画は、中国で誕生しましたが日本にも流行しました。初めて、文人画として現れたのが室町時代です。絵と詩を一つの作品に両方表現する方法が特徴的でした。江戸時代には、文人画が根付き本格的に成立し始めました。日本の狩野派、円山四条派・浮世絵や西洋画法も受け入れられたことで日本独自の文人画が形成されました。

日本の文人画は、山水・花鳥・樹木・人物などの題材で描くことが多いです。

文人の査定ポイント

作品の作者によって価値は変わってきます。共箱や鑑定書がありましたら作品とご一緒にお見せくださいませ。また、共箱の裏側に書が書いてあったり軸先の素材がどのような素材なのかによっても査定のポイントが変動いたします。

作品が作家物などでも欠けやひび、割れがあると査定ポイントに大きく影響してしまいます。ですが、もし欠けていたりひびがある場合でもご自身で修正せずにお見せくださいませ。

文人の買取強化作家

会津八一・川端康成・夏目漱石などを買取強化しております。作品は贋作も多く出回っており、作品の価値をご自身で見極めるのは困難になります。ですので、専門家である私たちにご相談くださいませ。

文人の掛け軸は、畳の部屋や床の間が減ってきている現在、代々受け継がれている作品などは、どこに飾っていいのかわからない方、作品を収納しておく場所に困ってしまう方が多いです。是非一度査定に出してみてください。

文人作品を売ったことのない方やどのような作品かわからない方は是非、弊社にご依頼ください。

買取強化作家

文人の作家一覧

文人の買取実績について

ジャンル別買取実績

pagetop